Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

小説

2021/9/4

小説 日本文学 書評

土の中の子供_中村文則

暴力に支配された辛い記憶、それでも生に向かい、そして見た光【...

幼い頃に大人による壮絶な暴力を受けた子供、その子供は大人になりながら、記憶の中にある、心に残る暴力の記憶と向き合いながら生きる。暴力を受けた若者の心を実に繊細に描く作品です。暴力がどれほど人の心を乱し、壊し、支配していくか、その中でも希望という光を見つける。深く考えさせられる作品です。

2021/9/4

サスペンス 小説 書評

あの日、君は何をした_まさきとしか

なぜ息子はあの時、母の思いと息子の本当の姿とは!【あの日、君...

ある事件に巻き込まれ、少年が命を失う。その死に母親はずっと「なぜ」という感情から離れられない。あの時なぜあの子は・・・そしてどうして今自分は・・・・そして長い年月が過ぎた時、ある事件をきっかけに、2つの事件の関連が見えてくる。そこに疑問をぶつける刑事の存在。そして事件の真相が見えてくる。しかし、真相はそれだけでは・・・

2021/9/4

サスペンス ドラマ・映画化 小説 日本文学 書評

罪の余白_芦沢央

なぜ、娘は死んだのか!娘を奪ったアイツを絶対に許さない!【罪...

兄弟の優しさを思い出させてくれたのは、父が残してくれた一挺のバイオリンだった。バイオリンのルーツをたどるために旅に出た弟は、旅先でである人たちの心にふれ、家族、兄弟の本当の優しさ、絆を思い出す。その思いは幼い頃からずっと変わっていない。それを思い出した時、弟の口からでた言葉に涙します。

2021/4/25

小説 日本文学 書評

茨の木_さだまさし

兄弟をまた繋いだのは父が残した一挺のバイオリンだった【茨の木...

兄弟の優しさを思い出させてくれたのは、父が残してくれた一挺のバイオリンだった。バイオリンのルーツをたどるために旅に出た弟は、旅先でである人たちの心にふれ、家族、兄弟の本当の優しさ、絆を思い出す。その思いは幼い頃からずっと変わっていない。それを思い出した時、弟の口からでた言葉に涙します。

2021/1/27

小説 日本文学 書評

滅びの前のシャングリラ_凪良ゆう

人類滅亡!残された時間で人は本当に生きる意味と出会う【滅びの...

「地球に小惑星が衝突します!」人間が経験したことのない世界を背景に、人は自分が生きるという、幸せという本当の意味を探し始めます。人類滅亡までの短い時間に、人は生きる意味が何かを見つけ出せたのか。凪良ゆう先生、本屋大賞受賞後の待望の一冊!

2021/8/24

ドラマ・映画化 小説 日本文学 書評

朝が来る_辻村深月

手に入れた「愛」と手放してしまった「愛」【朝が来る】

実の子供が出来ない夫婦と、幼くして子供ができ出産し、その子を手放してしまった母親の人生を描いた作品です。「特別養子縁組」という制度を利用してつながった二人の母親。色々な家族の形、絆、そして葛藤を描く。現代の日本の社会が抱えている問題に踏み込んだ作品。今の家族の幸せの形、希望を追い続けた人間が見た光、その光に感動します。

2021/1/10

小説 日本文学 書評

ひと_小野寺史宜

「ひと」のあたたかさがあるから前にすすめる【ひと】

辛い経験をした若者が、ある町でちょっとした出会いを経験する。その出会いから、その若者の人生は優しく温かい日常へと変化していきます。その日常に包まれて、一人の若者が人生を前向きに生きていこうと考えを変化させていきます。ゆっくりとした流れの中に、若者の優しい情熱が感じられる作品です!

2021/8/30

サスペンス 小説 書評

最後の医者は桜を見上げて君を想う

人間にとって「生」とは、究極の選択の結末とは【最後の医者は桜...

人は最後を迎える時、その最後の迎え方をどうするか考える。その最後の迎え方は、一体だれが決めるのか、そしてそれに満足できる正解はあるのか。自分の最後に向き合う患者と、その最後を握る医者の複雑な思いが交錯する作品。そこに正解はあるのか!

2021/8/31

小説 書評

少年と犬_馳星周

時にその関係は人間よりも深く美しい【少年と犬】

人間にとって犬との関係とは?人間と犬の関係は時に、神秘的で深く美しい。直木賞受賞作品『少年と犬』の感想をまとめています。犬が人間のために最後にとった行動とは一体?

2021/1/10

小説 書評

舟を編む_三浦しをん

夢中になる姿は人を感動させる【舟を編む】

何かに夢中になること。それが、人間にとってどんなふうに大切なことなのか、それを改めて感じさせてくれる作品。2012年本屋大賞受賞作品の「舟を編む」を読んだ感想をまとめています。何かに没頭できることで巻き起こる人間たちが作り上げるドラマに感動します。

2021/5/16

小説 書評

人間_又吉直樹

人間やるのって、難しいねぇ【人間】

人間って難しい。人間を上手にやっていくのは難しい。人間らしさ、自分の個性、そういったものを考えさせてくれる作品です。人とのふれあいや付き合いが減ってきている現代、AIへと進んでいく時代。ここに人間にしかない感性が描かれています。これこそ人間だからできることだと思う作品でした。

2021/5/16

小説 恋愛 書評

冷静と情熱のあいだ_Rosso_江國香織

この熱く激しい思いをぶつけられるのはあなただけ【冷静と情熱の...

熱く激しい恋愛をしたことがありますか?あんなに激しく愛し合ったのに終わってしまった恋。そんな過去を持った一人の女性が、心に空いた穴を埋めるために感情を抑えながら生きている様子を繊細な背景で描く恋愛小説。きっとあなたも、あの恋愛を思い出してしまいます。

2021/5/16

小説 恋愛 書評

四月になれば彼女は_川村元気

あなたの愛は永遠に続くと言えますか【四月になれば彼女は】

あなたの日常にある「愛」は、本当で、永遠に続くと自信を持って言えますが?人にある愛という感情に迫った、普通の恋愛小説とは違う感覚の恋愛小説。一瞬の愛を感じることができるか。そこに迫る究極の恋愛小説でした。

2021/5/16

小説 書評

ホテルローヤル_桜木紫乃

そこには、それぞれの人生が泊っている【ホテルローヤル】

湿原を見渡す高台にある「ホテルローヤル」。そこで繰り広げられる様々な人間模様が面白い。人生がなんだかもやもやしてる、みんなどんな感じなのかなぁなんて思ったらちょっと読んでみてほしい。たくさんの人生がそこにはあります。

2021/5/16

小説 書評

その日のまえに_重松清

それがどうしてお前だったんだ・・・【その日のまえに】

身近な人の「死」というものを描いた作品。死を迎える「その日」が、大切な友人や家族の死が訪れようとしているとき、周りの人たちはどんなことを思い、どんな行動をするのか、そして残された人たちは「その日」のあとにどうやって生きていくのか。深く考えさせられる感動の短編集です。

2021/5/16

サスペンス ミステリー 小説 書評

蛇行する川のほとり_恩田陸

それは誰も知らない物語?【蛇行する川のほとり】

過去に起きた不幸な事件。その真相を知る者、そしてその当事者が再会する。その再会から事件はまた違う方向へと形を変えていく。事件の真相とは一体?その事件を起こした真の犯人とは?

2021/5/16

ドラマ・映画化 小説 書評

浅田家_中野量太

それは僕にしか撮れやんから!【浅田家】

一生にあと一枚しかシャッターを切れないとしたら、何を撮る?その言葉で写真というものに真剣に向き合った一人の男とその家族の物語。笑いと涙の感動実話!

2022/2/6

サスペンス ミステリー 小説 書評

満願_米澤穂信

「もういいんです」その言葉の真の意味とは?【満願】

それぞれ人が思う真の思いとは、予想もしない、その動機が明らかになる。全六編を収録した山本周五郎賞受賞作品。最後の最後までその真実は分からない。

2021/8/24

小説 書評

流浪の月_凪良ゆう

あなたは何も悪くない、事実と真実の違いとは【流浪の月】

世の中の事実と、二人の中の真実。この二つの違いの中でどうやって生きていく。その違いをどうやって受け入れていくのか。現代で起こる誹謗中傷やネット上での優しさという名の勝手な憶測。そして二人が辿り着いた生き方、その安心の場所とは。

2021/5/16

ドラマ・映画化 小説 書評

眉山_さだまさし

母が貫いた、その生き方と愛とは【眉山】

女一人で育ててくれた母が、末期癌であることがわかり、娘は母との時間を過ごす時間を持つようになります。そこで少しずつ見えてきた父親の存在、そして父に対する母の愛。女一人で生きてきた母親の強さと凛としたその姿。最後に見せる母としての愛。女性としての愛。娘が最後に母から受け取った深く優しい愛に感動します!

Copyright© 日々是読書旅 , 2022 All Rights Reserved.