Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

小説

2021/5/16

小説 書評

人生の約束

二人の男がにとって最も大切な約束とは「人生の約束」

本書は2人の男と、1人の女性の関係。この人間関係が、深く強い人間の、特に男同士の友情の結末を描いています。男同士がはっきりと口には出さないが、交わした人生の約束は一体何だったのか。その本当の約束を知った時に、人生を懸けて守るものの大切さ重さに気付きます。

2021/5/16

小説 書評

完全無罪

男が無実を伝えたかったその相手とは「完全無罪」

少女誘拐殺人事件の犯人として世の中を恐怖に陥れた男は、実は「人を傷つけたくない優しい男」。人が犯罪を犯してしまう悲しい現実が見える。多くの人が関わるからこそ真実が複雑で見えなくなる。しかし、1人の人間が持つ本性は1つである。完全無罪の男が、最後に犯した罪とは。

2021/5/16

ドラマ・映画化 小説 書評

劇場

不器用な二人が演じるのは切ない恋の形「劇場」

演劇という背景で繰り広げられる、若い男女の切なくて深い、心の変化に揺れる恋愛を描いた作品。号泣ではなく、心にジンと染みてくる。その世界に入り込んでしまう作品です。あの時を思い出させてくれる恋愛小説。

2021/10/24

ミステリー 小説 文芸作品 書評

罪の声

完全犯罪の裏で狂わされた語られぬ家族の運命【罪の声】

日本の歴史に名を残す未解決事件「グリコ・森永事件」。本書はまさにこの完全犯罪をモデルに書かれた作品です。出来る限り忠実に再現されたフィクション作品ですが、事件の本質はもちろん、その事件の裏側で巻き込まれた家族の人生についても真実と思わせられるような臨場感の伝わる作品です。

2020/4/4

ミステリー 小説 書評

去年の冬、きみと別れ

愛情と憎悪が作り出した男の姿とは!【去年の冬、きみと別れ】

死刑の判決を受けた猟奇殺人犯が起こした事件。その事件の真相には複雑な人間の感情が絡み合っていまいした。一見猟奇的な殺人事件を犯した犯人の異常な人間性により起こされた事件だと考えそうですが、実はその事件の裏にある真実の背景には、驚くべき理由が隠されていました。普通の殺人事件を解決する小説とは一味違います。

2021/5/16

ドラマ・映画化 ミステリー 小説 書評

64

昭和に取り残された事件に犯人を引きずり戻す!【64】

わずか7日で終わった「昭和64年」。そこで少女誘拐事件が起こる。本作品はそこから始まる。その事件を取り巻く多くの人間と組織が、複雑に絡まり合い、事件解決へと向かう。昭和に取り残された事件と被害者の父。その無念を晴らすべく奮闘する人間達の複雑な関係や感情が上手く表現された作品。クライマックスでは衝撃の結末が。被害者父の行動がたまらない。

2021/5/16

ドラマ・映画化 小説 書評

永遠の0

戦場で臆病者と言われた男が守りたかったものとは【永遠の0】

臆病者と言われてまで男が貫き通した思いとは?その思いを探るために、時代を越えて孫たちが祖父の事を調べていく。調べていくうちに、祖父が守った事が見えてくる。その真実に感動が止まりません。

Copyright© 日々是読書旅 , 2022 All Rights Reserved.