Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

新潮社

2022/4/26

小説 日本文学 書評

夜が明ける:西加奈子

困っている人を助ける、それは当たり前のこと【夜が明ける】

西加奈子先生の長編小説が5年ぶりに登場!2022年本屋大賞ノミネート作品に選ばれた「夜が明ける」。まちにまった作品をついに読み終えました。西先生らしい、人間の心の繊細な部分から、今の世の中に対しての不安を実にうまく表現しています。さすがノミネート作品!読んでよかったと思える名作でした!是非多くの人に読んで欲しい!

2021/10/19

小説 恋愛 日本文学 書評

自転しながら公転する_山本文緒

明日死んでも百年生きても触れたいのは彼だけ【自転しながら公転...

2021年本屋大賞5位入賞作品「自転しながら公転する」。自分の人生に悩み、将来に不安を感じている主人公の女性。何をどうしたらいいのか分からない。自分の幸せすら分からない。そんな悩みを抱えた女性の心の変化を実に繊細に優しく描いた作品。多くの方が共感した人気の小説を紹介。これは恋愛小説というよりも人生をリアルに描いた作品。

2021/9/4

小説 日本文学 書評

BUTTER_柚木麻子

会う人を洗脳する彼女の存在とは!そしてその本性とは!【BUT...

高齢の男性を自殺と見せかけて殺害した容疑をかけられた女性は、会う人を洗脳していく。実際にあった事件をモデルにしていると言われるこの作品が魅せる、人間の心の奥底に眠る誰にも言えない感情。徐々にそれを自分自身も認めて、前を向こうとする人間の心情の変化と料理のリアルな描写が読む人を引き込んでいきます。

2021/9/4

小説 日本文学 書評

正欲_朝井リョウ

理解しなくていい、ただそっといておいて欲しい【正欲】

理解してほしい訳じゃない。ただそっとしておいて欲しい。想像できないことはこの世の中に多く存在しているということを思い知らされる作品。今までの自分の中の考えを新しい考え方へと導く作品。肯定的な傑作と捉えるか、否定的な問題作だと捉えるか、現代の多様性が網羅できていない世界の存在を知ることになる。

Copyright© 日々是読書旅 , 2022 All Rights Reserved.