学び・スキルアップ

読書感想

《感想》◆遅読家のための読書術◆
この読書法を習得すれば!10年後の自分が変わる!

読書は好きだけど、遅読で悩んでいる。情報を沢山自分の知識として吸収したいけど、なかなか記憶として定着しない。読んでも忘れてしまう。そんな悩みを抱えた読書家の方たちにおススメの作品!有名な書評家の印南敦史さんの読書術を知ることが出来るありがたい1冊です!
読書感想

《感想》◆読書の方程式◆
ビジネス書の力を最大限に活かす!
ビジネス書を読んで成長につなげる読書法が分かる!

ビジネス書を読んで満足していませんか?読んだだけではビジネスに生かしているとは言えません。ビジネス書を読んで、自分のビジネスに活かす読書法が分かる!これまでの速読・多読とは違った読書法で、ビジネス書の学びを最大限ビジネスに活かそう!
読書感想

《感想》◆図書館「超」活用術◆
こんなに凄い「知的空間」が身近にあった!
図書館に対する考え方が変わる!今すぐ行きたくなる!

「図書館って本を借りるところ!」もちろんそうです。でもそれだけではありません。図書館にはもっともっとメリットはあります。そのメリットを十分に理解して図書館を活用すると、あなたの世界はもっと広がるでしょう!これから何かを始めようと思っている人はまず、本書で図書館の利用方法を理解して、フラッと図書館に行ってみましょう!
読書感想

《感想》◆ビジネススキル大全◆
ビジネスパーソンに必要なスキルを一気に学べる!
向上心旺盛だけど忙しいという方におススメ!

優秀なビジネスマンになるためにはどんなビジネススキルを身に付ければいいのか!そしてどんな勉強をすればいいのか!勉強したいけど時間がなくて困っているという向上心旺盛なビジネスパーソンに絶対読んで欲しい1冊!「ビジネススキル大全」。厳選したビジネススキル情報をぎゅっと集めた作品になっています!ビジネスパーソン必読の1冊!
読書感想

分かりやすい!伝わりやすい!図化する!
【なんでも図解】

なんでも図解というだけあって、内容も図解で解説してありとても分かりやすい1冊!一生懸命に文字を書いていた、書くことに集中して内容が頭に入ってこない。相手に何かを分かりやすく伝えたいけどどうしていいか分からない!絵心が無くても図で伝わる技術が分かる!
読書感想

読者の心を掴む文章を書きたい!
【一瞬で心をつかむ77の文章テクニック】

「書評」って何?書評を書いている人達やその職業って一体どんな感じなの?書評を書いてみたいけど、何だか難しそうと思って始める一歩を踏み出せないでいる人!始めてみたけど、いまいち上手くいっていないという人に最適な1冊!書評が楽しくなる1冊!
読書感想

本をどう読むかで人生は変わる!
【読書する人だけがたどり着ける場所】

読書が趣味だという方。今のあなたの読み方を続けていてどうなるか考えたことがありますか?せっかく読書をしているけどなかなか人生を豊かに感じることが出来ない。なんて事を考えながら、ただ読むだけの読書を続けていませんか?ただの時間の無駄遣いになる前に、本書を読んで、人生を豊かにする読書法を学びましょう!
読書感想

文章で6億円稼いだ真実がここにある!
【6億円文章術】

「6億円文章術」。衝撃のタイトルから本書を手に取り。遂に読了。いままで文章術や稼ぐ方法の本は数多く読んできました。本書は文章を使って稼ぐ方法に特化してそのノウハウを公開しています。このノウハウは著者が実際にやってきたという実績を持ったノウハウです!インプットしてアウトプットすることが稼ぐという事に繋がる。その方法を知らないのは勿体ない!
読書感想

あなたのインプット力がぐんぐん上がる!
【インプット大全】

まさに情報爆発時代の真っただ中!情報が多すぎて人間の脳はストレスを抱えているかもしれない!そんな時だからこそ、情報をインプットする方法を身に付けなければならない!情報に振り回されたくない!いい情報だけを吸収したいと思っている方に最適な1冊!インプット大全の書評です!
読書感想

書評「頭がいい人の読書術」

本を読むけど、どうしても本の内容が頭に入らないという読書家の方も多いと思います。私も、その内の一人です。読書が好きで、沢山の本を読んでいますが、なかなかその内容が記憶に定着しません。そんな時のこの本を読みました。本の内容を記憶に残すための方法を多くの視点から紹介・解説されています。この本の内容を実践出来れば読書はあなたの財産になります!分かりやすくスマートに読書術がまとめられています!おススメの1冊!
読書感想

本の内容を記憶に定着させたい!悩んでいる人は読んでください!
【読書は1冊のノートにまとめなさい(完全版)】

読書は好きだけど、本の内容が全く頭に残らない・・・何冊読んでも知識が増えているように感じられない・・・そんな悩みを持った方に最適な本。本の内容を記憶に定着させるために著者が実践した方法とは一体?
タイトルとURLをコピーしました