Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

下村敦史

2021/9/4

小説 日本文学 書評

告白の余白_記事

言葉の余白に込められた本当の思いとは?【告白の余白】

故郷に帰ってきた双子の兄は、ある言葉を残して自殺してしまう。その兄が亡くなる前に過ごした「京都」。そこには歴史を重ねた、その土地の独特な雰囲気と「言葉」があった。そこで出会うある女性。そしてあの言葉に含まれていた「余白」の本当の意味とは一体!言葉が持つ繊細さや奥深さを改めて感じることが出来る作品。

Copyright© 日々是読書旅 , 2021 All Rights Reserved.