Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

小説 日本文学 書評

あの人が僕を人間に戻してくれた。
【告解】

ノートのアイコン「告解」ノートのアイコン

告解_薬丸岳

被害者の家族と加害者とその家族
それぞれが次へと進むためにどう生きていくか

償いきれない罪
罪を犯した者へ、最愛の人を奪われた男が見せた姿とは。

読書記録

告解_読書記録※クリックで読書記録は拡大できます

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:単行本
  • 著者名:薬丸 岳
  • 出版社:講談社

「告解」について

「告解」という言葉。
この言葉の意味は、「ローマ、カトリック教会で神と司祭の前で、信徒が自分の犯した罪を告白すること」です。

著者の薬丸岳氏は、ドラマにもなった、「Aではない君と」など、罪を犯してしまった少年についての小説などを書いています。

今回読んだこの「告解」という小説も、運転中に人を撥ねてしまった少年がとその家族、そして被害者の家族について描かれた作品です。

1つの事故によって、大きく人生を変えざるを得なかった被害者と加害者。
それぞれの心情をとてもリアルに描いています。

事故によって最愛の人を奪われた男性。
加害者である男性の名を忘れないように繰り返し口にします。
「彼にどうしても会わなければいけない」

なぜか、加害者の男性のことを恨んでいるようには見えない。。。

最愛の人を奪われた男性が、心に秘めていたその思いが、加害者の男性を本当の償いへと向かわせます。

加害者と被害者の家族!難しい関係性を描いた物語

本作品は、「ひき逃げ死亡事故」という悲惨な事故を扱った物語です。
加害者とその家族、そして被害者の家族、とてもデリケートなそれぞれの心情を実にリアルに描いています。

加害者の不注意と、身勝手な自己保身で命を奪われた女性。
そして、最愛の人を突然奪われた男性。

そしてこの事故によって被害者の家族、加害者の家族も平穏な生活が奪われてしまいます。

加害者は、事故後裁判により裁かれ、刑務所でその罪を償い、刑期を終えて社会へと復帰します。
そこで彼は、自分のせいで大きく人生を変えられた、自分の家族のことを知らされ、家族のもとを離れ一人生きていく事を決めます。

働きながらまっとうな人生へと自分の人生を戻そうと考える加害者の男性。
しかし、その気持ちを素直に受け入れてはくれない社会。

自分は十分罪を償ったじゃないかという思いと、本当にこのまま自分の人生を楽しく生きていいのかという加害者の心の葛藤。

罪を償ったとは到底納得できない被害者家族の心情。

この2つがまた交差し始めた時に、最愛の人を奪われた男性、被害者の夫が動き出します。
被害者の夫が、加害者の男性に会って確かめたかったこと、そして、これだけは絶対にやっておきたかったこと。

加害者の男性に会わなければいけないという強い思いの本当の理由と
それによって、分かってきた加害者の男性に対する本当の思い。

そこに、この小説の深さを感じました。
これまでにない、意外な物語の結末が心にグッと刺さりました。



「告解」を読んで!まとめ

この作品は、許されない罪を犯した加害者とその家族、そして被害者とその家族の心情のそれぞれを表現するという
とてもデリケートで難しいことを扱った作品です。

ある一人の少年が犯した罪は、被害者とその家族にとってはどんなに謝罪されても
どんなに長い刑を終えても決して許されるものではありません。

しかし、それでも残された被害者家族、そして加害者とその家族も生きていかなければなりません。

加害者である少年も、刑を終えて社会に復帰すれば、当然生きていくのです。
生きていきながら、自分は罪を償ったのか?償えてないのか?という迷いと葛藤していく事になるのです。

本当の意味での罪を償うということ。
それは一体どういうことなのか。。。

罪を犯した人がどれほどの償いの気持ちを持っているのかは他人には分かりようがない。
口ではどんなことでも言えるし、一時であれば反省の態度を示すこともできるから。

「告解」薬丸 岳 P.288 より

上の引用の言葉に罪を償うということも難しさのすべてが表されていると感じました。

罪を償えたかどうか、それは償いの気持ちを数値で表すことが出来ない限り、絶対に他人には理解してもらえないのです。

しかし、どこかで被害者と加害者のそれぞれの心情が落ち着いていかなければ、落ち着かせるように動かなければ
それぞれの人生は前を向いていかない。

被害者の家族にとっては、許すという気持ちにはならない、怒りがおさまることはないですが
その怒りを、少し和らげるような何かが無ければ、その人生は前を向けない。

納得はできないけど、加害者の償いの気持ちを知りたい、確かめたい。
しかし、それを知る術はない。

加害者が本当に罪を償い、被害者とその家族の気持ちを理解する。
本作品では、そのきっかけを作るのは被害者の夫として描かれています。

加害者に対して最も怒りを感じているはずの被害者の夫の言葉が
加害者の心を本当の意味での償いへと向かわせます。

被害者の夫の過去の経験が、加害者が罪を償っているかということを確かめる方法につながるのです。
被害者の夫と加害者の男性が二人の心の奥底にある思いを確認しあうことで、言葉には出来ない償うという偽りのない心を引き出します。

とても難しいそれぞれの心情を描く。
結末に向かうまで、読むことを止められない、深い作品でした。

最後の最後にある、加害者の男性の言葉になんとも言えない感情になり、思わず涙が溢れました。

「告解」SNSでの反応!

SNSに投稿されている「告解」に関する投稿を見つけましたので掲載しています。

沢山の投稿がありましたが、その中から心に残った投稿を掲載させていただきました。

Twitterでの反応!

ツイッターでも「告解」に関するたくさんの投稿があります。
本書の魅力がよくわかります!



Instagramでの反応!

Instagramでも多くの方が「告解」について読了後の感想を投稿されています。
画像とともに、深い感想を投稿されています。
ご興味のある方は是非ご覧になってください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

まゆこ(@kobamayu0731)がシェアした投稿


 

この投稿をInstagramで見る

 

yu-(@pain_yu)がシェアした投稿


「告解」を読んでみたくなったらコチラ!

日々是読書旅

告解

薬丸 岳  評価

あの日、人を殺してしまった。
そんな僕を助けてくれたのは。

罪を償えたか。それは誰にも分からない。
それを分かり合えたのは・・・

その他のおすすめの本はコチラ!

殺人犯はそこにいる_清水潔
衝撃のノンフィクション!この事実は知らなければならない!
【殺人犯はそこにいる】

女児を誘拐し殺害、ある男性が逮捕された。有罪が確定した男性は数年後に無実の冤罪被害者となる。釈放の様子をテレビで見た方も多いでしょう。この事件の裏には様々な真実が隠されていたのです。ジャーナリストの清水潔氏が少女たちの無念を晴らすために、執念でその小さな声に耳を傾け、そこにある真実を取り戻す!衝撃のノンフィクション!

続きを見る

日々是読書旅のメルマガはコチラから!

日々是読書旅ではこの度メルマガ配信を開始しました。
おすすめの本はもちろん、読了した本の書評・感想など、読書に関する情報を配信していきます。

興味のある方はコチラからメルマガ登録してください!
メルマガの登録・購読はもちろん無料です!

【日々是読書旅メルマガはまぐまぐでも配信!】
まぐまぐで読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-小説, 日本文学, 書評
-, , ,

Copyright© 日々是読書旅 , 2021 All Rights Reserved.