「乾ルカ」と作品紹介