Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

小説 日本文学 書評 芥川賞

私の推しがファンを殴って炎上しました・・・
【推し、燃ゆ】

ノートのアイコン「推し、燃ゆ」ノートのアイコン

推し、燃ゆ_宇佐見りん

今の時代の少女が「推し」と共に生きている
ある「推し」に夢中になった少女の心情の変化を描く。

読書記録

推し、燃ゆ_読書記録※クリックで読書記録は拡大できます

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:単行本
  • 著者名:宇佐見 りん
  • 出版社:河出書房新社

「推し、燃ゆ」について

「推し、燃ゆ」。

このタイトルを見て「ん?」と思った人と、スッと意味が分かった人がいるでしょう。
私は「ん?」と意味が分からなかった方です!(笑)

子供たちは意味が分かっているらしく、子供たちにその意味を教えてもらいました。

「推し」とは、自分が一番好きというか推している人のことを表しているらしく、例えば数人で構成しているアイドルグループがいて、その中で一番好きな人のことを「推し」と言っているのです。

では「燃ゆ」とは、この言葉はもちろん「燃える」ということなのでしょうが、そのままの意味ではないようで、今の言葉の意味での「炎上」ということです。
例えばSNS上などで、ある人の失言や不祥事などをきっかけに「メッセージ」や「コメント」、「いいね」などが集中的に投稿される状態になり収拾が付かなくなる状況を表しているのです。

つまりこのタイトルは「推しが炎上した」ということを意味しているのですね。

まあタイトルだけでも私にとっては、とても興味が湧く、話題性十分な作品です!

そして本作品はといいますと、もちろんタイトルだけが話題となったわけではありません。

内容的にも十分に評価され、第164回芥川賞を受賞しています。
そして2021年の本屋大賞にもノミネートされ、9位という結果を残しています。

タイトルだけでなく、内容的にも十分に高い評価をされた面白い作品だと言えます。

推しにすべてを捧げる少女の心情の変化が伝わる!

本作品には、ある推しに生活のすべてをささげている少女が主人公として登場します。
この少女の推しが、ファンを殴るという問題を起こし、燃える、つまり炎上するという事態になってしまいます。

推しにすべてをささげる少女は、この事態を注視しながらも、推しを応援するという立場をとっていきます。

推しが魅せる表情や推しの言葉や行動のすべてが少女の生活に影響してきます。
推しのグッズを購入したりライブに行く、握手会に行くためにアルバイトをしてお金を稼ぎ、ただ推しのことを考える生活、それだけでいいという気持ちになっています。

本作品では、そんな少女の心情の変化を実にテンポのいいリズムの文章で描いています。
テンポがいい文章で描いていいるのですが、なんとなく寂しさも感じるような雰囲気も感じ取れます。
推しを推す、という少女の一貫した心情と周りの人間、家族との関係、学校との関わりが描かれ、現代的な少女の心情の変化が細かく表現されています。



「推し、燃ゆ」を読んで!まとめ

実はこの読書感想文を書いているのは、本作品を再読してからです。
初めて読んだ時には、何となく感想を書くまでに至らずにいたので、本日再読して感想を書いています。

本作品は、タイトルはもちろん、内容でも現代を代表する作品だと言えます。

昭和の時代での推しとのかかわり方は、とてもアナログで、ファンレターやコンサート、握手会という程度で、推しはとても手が届かないところにいたように思います。

しかし、現代ではスマホの登場、SNSの普及により、芸能人もこれらのツールを利用して自分をアピールすることが当たり前になっています。

昭和の時代では不祥事などでたたかれることはあっても、時間がたてば、それは収まっていくものでした。
しかし、現代では一度不祥事を起こしてSNSなどが炎上すると、それを消すことが出来なくなるという事態になります。

現代のファンたちは自分の推しが、常にこの事態に巻き込まれていく可能性を持っているのです。

一瞬にして炎上して、一瞬にして引退に追い込まれる。
そんな推しを見て、ファンたちは急激な心情の変化に対応しなければいけません。

何が本当で何が間違った情報なのか分からない。
しかし、事態は最悪の方向へと突き進む、まさに現代の推しとファンとの関係性をリアルに表現している作品であると感じました。

炎上して急激に変化する状況に必死でついていくファンたち、純粋に推しを思う、推しを心の支えにしている少女たちのリアルな叫びが感じられる作品です。

昭和の時代でもアイドルを追いかけるファンたちはいました。
しかし、その存在は手の届かない存在、遠い存在だったから、そして推しの情報もなかなか手に入らない、そんな時代でした。

しかし現代は、SNSなどの普及によって推しをより身近に感じ、推しの情報もすぐに手に入る。
その結果、推しに依存する人は増えていると感じます。

こういった時代の変化による、推しとファンとの関係も実にリアルに表現されていると感じました。
この作品が芥川賞を受賞したということは「まさに現代!」と感じました。

「推し、燃ゆ」SNSでの反応!

SNSに投稿されている「推し、燃ゆ」に関する投稿を見つけましたので掲載しています。

沢山の投稿がありましたが、その中から心に残った投稿を掲載させていただきました。

Twitterでの反応!

ツイッターでも「推し、燃ゆ」に関するたくさんの投稿があります。
本書の魅力がよくわかります!



Instagramでの反応!

Instagramでも多くの方が「推し、燃ゆ」について読了後の感想を投稿されています。
画像とともに、深い感想を投稿されています。
ご興味のある方は是非ご覧になってください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

vega(@v.books.76)がシェアした投稿


 

この投稿をInstagramで見る

 

武田 有加(@yuka.takeda.142)がシェアした投稿


「推し、燃ゆ」を読んでみたくなったらコチラ!

日々是読書旅

推し、燃ゆ

宇佐見 りん  評価

私の推しが人になった・・・。

現代の推しとファンの関係、一人の少女の心情の変化を描く。

その他のおすすめの本はコチラ!

双頭の鷲は啼いたか_樹亜希
運命を狂わされた二つの同じ顔
【双頭の鷲は啼いたか】

電子書籍で読むおすすめの小説!「双頭の鷲は啼いたか」樹亜希さんの作品!3篇からなる短編集。偶然の事故で出会ってしまった同じ顔を持つ二人。彼らの人生が思いもよらぬことの発覚で大きく狂ってしまう!二人を出会わせたのは神の気まぐれか、それとも運命だったのか。予想外の展開が読み手を引き込む!

続きを見る

日々是読書旅のメルマガはコチラから!

日々是読書旅ではこの度メルマガ配信を開始しました。
おすすめの本はもちろん、読了した本の書評・感想など、読書に関する情報を配信していきます。

興味のある方はコチラからメルマガ登録してください!
メルマガの登録・購読はもちろん無料です!

【日々是読書旅メルマガはまぐまぐでも配信!】
まぐまぐで読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-小説, 日本文学, 書評, 芥川賞
-, , , ,

Copyright© 日々是読書旅 , 2021 All Rights Reserved.