Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

月別アーカイブ:2021年01月

2021/9/4

小説 日本文学 書評 芥川賞

影裏_記事TOP

心を許したたった一人の友人には知らないもう一つの顔があった【...

信じて心を許した親友。その親友が突然姿を消した。その親友を探していくうちに、親友には知らないもう1つの顔があった。親友にもし知らない顔があったとき、人はその事実にどう向き合うのか、読者はその答えを考えることになる。芥川賞受賞作品「影裏」人間関係について深く考えさせられる作品です。

2021/9/4

小説 日本文学 書評

土の中の子供_中村文則

暴力に支配された辛い記憶、それでも生に向かい、そして見た光【...

幼い頃に大人による壮絶な暴力を受けた子供、その子供は大人になりながら、記憶の中にある、心に残る暴力の記憶と向き合いながら生きる。暴力を受けた若者の心を実に繊細に描く作品です。暴力がどれほど人の心を乱し、壊し、支配していくか、その中でも希望という光を見つける。深く考えさせられる作品です。

2021/9/4

サスペンス 小説 書評

あの日、君は何をした_まさきとしか

なぜ息子はあの時、母の思いと息子の本当の姿とは!【あの日、君...

ある事件に巻き込まれ、少年が命を失う。その死に母親はずっと「なぜ」という感情から離れられない。あの時なぜあの子は・・・そしてどうして今自分は・・・・そして長い年月が過ぎた時、ある事件をきっかけに、2つの事件の関連が見えてくる。そこに疑問をぶつける刑事の存在。そして事件の真相が見えてくる。しかし、真相はそれだけでは・・・

2021/9/4

サスペンス ドラマ・映画化 小説 日本文学 書評

罪の余白_芦沢央

なぜ、娘は死んだのか!娘を奪ったアイツを絶対に許さない!【罪...

兄弟の優しさを思い出させてくれたのは、父が残してくれた一挺のバイオリンだった。バイオリンのルーツをたどるために旅に出た弟は、旅先でである人たちの心にふれ、家族、兄弟の本当の優しさ、絆を思い出す。その思いは幼い頃からずっと変わっていない。それを思い出した時、弟の口からでた言葉に涙します。

2021/4/25

小説 日本文学 書評

茨の木_さだまさし

兄弟をまた繋いだのは父が残した一挺のバイオリンだった【茨の木...

兄弟の優しさを思い出させてくれたのは、父が残してくれた一挺のバイオリンだった。バイオリンのルーツをたどるために旅に出た弟は、旅先でである人たちの心にふれ、家族、兄弟の本当の優しさ、絆を思い出す。その思いは幼い頃からずっと変わっていない。それを思い出した時、弟の口からでた言葉に涙します。

2021/1/27

小説 日本文学 書評

滅びの前のシャングリラ_凪良ゆう

人類滅亡!残された時間で人は本当に生きる意味と出会う【滅びの...

「地球に小惑星が衝突します!」人間が経験したことのない世界を背景に、人は自分が生きるという、幸せという本当の意味を探し始めます。人類滅亡までの短い時間に、人は生きる意味が何かを見つけ出せたのか。凪良ゆう先生、本屋大賞受賞後の待望の一冊!

Copyright© 日々是読書旅 , 2022 All Rights Reserved.