仲間だったはずの6人が、ライバルになったら!
【六人の嘘つきな大学生】

「六人の嘘つきな大学生」

六人の嘘つきな大学生:浅倉秋成

六人の嘘つきな大学生:浅倉秋成

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

仲間だったはずの六人
突然合格をめぐるライバルになった!
そこで見えた人間の隠された本性とは!
2022年本屋大賞ノミネート作品!
(2022.2.26時点)

[/st-mybox]

[st-midasibox-intitle title=”読書記録” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

六人の嘘つきな大学生_読書記録

六人の嘘つきな大学生_読書記録

※クリックで読書記録は拡大できます

[/st-midasibox-intitle]

2022年 本屋大賞 第5位

[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:単行本(ソフトカバー)
  • 著者名:浅倉 秋成
  • 出版社:角川書店

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:単行本(ソフトカバー)
  • 著者名:浅倉 秋成
  • 出版社:角川書店

[/pc]

「六人の嘘つきな大学生」について

2022年本屋大賞のノミネート作品に選ばれた浅倉秋成先生の「六人の嘘つきな大学生」。就職活動で、ある企業への就職の切符を手に入れるための面接の様子を描いた作品です。

タイトルにあるように、六人の大学生がある企業への就職の切符を競い合うのですが、その切符を手に入れるために企業側が用意した選考方法を巡り、六人の大学生の中で色々なことが起こります。もともとは仲間だと思っていた六人。そこに突き付けられた突然の現実!

採用するのは1人です。

六人全員が合格できると、合格すると信じて仲間として頑張ってきたのに・・・

[st-mybox title=”あらすじ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#727272″ bordercolor=”#808080″ bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#757575″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

業績を伸ばしているあるIT企業の新卒採用の最終選考に残った六人の大学生。この六人全員が合格できるように協力しあって頑張ろうと思っていた矢先。企業から言い渡された採用の変更。その変更内容は「採用するのは六人の中から一人」というものでした。

それまで協力しあう仲間だったはずの六人が、突然1つの席を奪い合うライバルへと変わったのです。就職内定の1つの席を獲得するために競い合うことになったのです。企業側が用意した部屋に集まった六人が1つの内定の席にふさわしい誰かを選ぶために議論を始める、そこで発見された封筒。その中には、六人の過去に起こした問題のある行動について書かれていたのです。

1つの内定の席を競い合う、六人の大学生の暴露が始まったのです。

その部屋で起こる六人の大学生の心理戦。そしてその封筒を仕掛けた犯人は誰なのか、何の目的でその封筒を仕掛けたのか・・・最後まではらはらドキドキの現代的なミステリー小説です。

[/st-mybox]

「六人の嘘つきな大学生」を読んで

本作品の舞台となっている新卒採用の内定をかけた就活。成長しているIT企業への就職という夢を果たすために、集まった六人の大学生の姿が描かれています。まさに現代にあるリアルな状況が舞台となっていると感じました。今の大学生の方たちは、この小説を読むと、よりリアルに感じるのではないでしょうか。

舞台は就職活動となっていますが、その中で繰り広げられる心理戦、人間の心理から現れる言葉やしぐさなどが、とても分かりやすく描かれています。過去を知らない者同士が集まって、一時的に仲間になり、安心していたのに、突然ライバルになるように仕向けられる。そんな状況で起こる不思議な事態に対して、人は一体どんな行動をとるのか、その点をも様々描かれていて、最後まで一気に引き込まれるように読める作品でした。

信頼していた人間の、隠された過去が見えた時、そして自分の知られたくない過去を知られたの言葉や行動。自分がその場にいたらどうするだろうといろいろと想像しながらよみました。後半に向けて、謎を解くように伏線回収が進む、現代の就職活動という場面を舞台に広げられるミステリで、いい意味で裏切られていくストーリーに目が離せません。



「六人の嘘つきな大学生」SNSでの反応!

SNSに投稿されている「六人の嘘つきな大学生」に関する投稿を見つけましたので掲載しています。

沢山の投稿がありましたが、その中から心に残った投稿を掲載させていただきました。

Twitterでの反応!

ツイッターでも「六人の嘘つきな大学生」に関するたくさんの投稿があります。
本書の魅力がよくわかります!



Instagramでの反応!

Instagramでも多くの方が「六人の嘘つきな大学生」について読了後の感想を投稿されています。
画像とともに、深い感想を投稿されています。ご興味のある方は是非ご覧になってください。


小説を多く紹介されているInstagramです。読まれた感想もしっかり書かれていて、いつも拝見して凄いな~と感じています!何となくふわっとした白い印象の統一感ある本の画像が素敵です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukako(@yukak0.87r16)がシェアした投稿



小説を紹介しているInstagramです。星の5段階で読んだ本を的確に評価されていて、感想もしっかりとまとめられていますので、本選びの際にはとても参考になる投稿が多いです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

bookgirl mio(@bookgirl_miomio)がシェアした投稿



カップとお菓子を添えて小説を紹介しているInstagramです。可愛い雰囲気の画像で見ていて優しさを感じます!あらすじと感想を紹介してあります。とても読みやすく書かれた感想が魅力です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayaの本棚(@a.y_book_)がシェアした投稿



なんとフォロワーさんが1.6万人のInstagramです!丁寧に書かれた読書ノートと本を並べて紹介しています。投稿数も700を超えており、凄いの一言です!私も頑張って読もう!いつもありがとうございます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あやこ(@genko_library)がシェアした投稿


今回当ブログで紹介させていただくことを許可していただきありがとうございました。
Yukako」さん、「bookgirl mio」さん!、「ayaの本棚」さん、「あやこ」さん!
今後も投稿楽しみに拝見させていただきます。

「六人の嘘つきな大学生」を読んでみたくなったらコチラ!

[st-user-comment-box title=”六人の嘘つきな大学生” user_text=”浅倉 秋成 評価” color=”” star=”4″]日々是読書旅[/st-user-comment-box]

突然ライバルになった仲間!

突然ライバルになった仲間との競争!一体だれがその最後の1つの席を手にするのか!

その他のおすすめの本はコチラ!

2022年本屋大賞ノミネート作品!

[st-card myclass=”” id=2274 label=”2022年 本屋大賞 第6位!”  pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”#000000″ fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card myclass=”” id=2250 label=”2022年 本屋大賞 第10位!” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”#000000″ fontawesome=”” readmore=”on”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました