Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

小説 恋愛 日本文学 書評

明日死んでも百年生きても触れたいのは彼だけ
【自転しながら公転する】

ノートのアイコン「自転しながら公転する」ノートのアイコン

自転しながら公転する_山本文緒

自分は何故こうなんだろう
自分がどうなりたいか、どうしたいか

悩み一生懸命生きようとする女性の姿に誰もが共感する

読書記録

自転しながら公転する_読書記録※クリックで読書記録は拡大できます

本の基本情報

「自転しながら公転する」について

本作品は、2021年本屋大賞にノミネートされ、見事第5位を獲得した山本文緒さんの作品です。
その他にも、第27回島清恋愛文学賞を受賞しています。

手に取ってみると、その本の厚さに、これは読了までには時間がかかるだろうなぁと感じます。
単行本で400ページを超える長編小説ということで、気合を入れて読み始めたのを覚えています。

本屋大賞で5位を受賞した作品だけあって
書店員さんからの評価も高く、特に女性の読者の方からは「共感できる」という声が多い作品です。
実際に私の身近で読まれた女性の方たちの間でも
この作品は多くの女性が抱えている日常の心の悩みを素直に表現していると話題になっていました。

そういうこともあり、「女性向けの小説なのかな」というイメージを持って読み始めましたが
読み始めてみて感じたのは
男性が読んでも十分にその小説の世界に入り込めるということです。

登場する人物の人間関係など、現実でもあるような関係がリアルに描かれているので
男性でも共感できるというか想像できる部分が多くあります。

本作品は、男女問わず、十分楽しめます。
両親や友人、そして恋愛という様々な場面での人間の心や感情を表現した、実に人間的な作品です。

家族・友人、そして恋愛。今の自分って

主人公は30代になった独身女性。
体調を崩している母親の看病をするために、働きながら両親と一緒に暮らしています。

背景となるのはそれほど珍しい家庭環境ではなく
ごく普通にあり得る状況です。

そんな主人公の職場での人間関係や友人との関係、そして恋愛。

ごく普通にある日常生活。
そんな状況の中で、一所懸命に自分のことを考えながら生きている
主人公である30代の女性の心の中の変化や、感情を実に繊細に描いています。

周りの友人たちはどんどん変化して、成長し、恋愛し、幸せになっていく
そんな周りを見ながら、どうして自分は、自分が思ったような理想の幸せにたどり着けないのかと悩む。

でも理想の幸せって何?自分自身が幸せとは何なのか分からない、どうなりたいのかが分からない。
今のままではダメだと思いながらも、何をどうしたらいいのか分からない。

一所懸命生きようと、もがき、悩む姿。
読み進めれば読み進めるほど、その主人公の姿や心情を、リアルにそして身近に感じることが出来ました。

女性に限らず、男性でも同じような悩みを抱えている人は多く。
多くの方が共感できるというこの主人公の一生懸命悩みながら生きていく姿が
だんだんと愛おしく感じられる、そんな優しくなれる作品です。



「自転しながら公転する」を読んで!まとめ

本作品では、30代を迎えて働きながら両親と暮らし
仕事、友人、恋愛といった、普通の男女が送る毎日を過ごしている女性が主人公として描かれています。

これは男性でも同じような状況で、同じような気持ちを持って暮らしている方は多いのではないかと感じました。

女性独特の心情が、より繊細に描かれていることは確かだと感じましたが
男性でも共感できる部分がとても多く、また女性の心情を知ることもできる作品だと感じました。

主人公の女性が、一生懸命に生きる姿にとても身近さを感じることができ
両親との関係も、友人との関係も、そして恋愛も。

全てにおいて、自分の理想とする状況と少しのズレがあって
何となくうまく行かない、でも何をどう変えたらいいのか分からない。
自分でも何が正解なのかが分からない。

そんな毎日を過ごしながら、将来の自分の幸せを考える、そしてまた不安な気持ちに駆られる。

この主人公の女性の生き方に読み進めていいくうちに不器用さを感じ、そして愛おしさを感じるようになりました。

一見恋愛小説かなと思うのですが、それはまさに30代の男女が抱える人生の悩み、将来に対する悩み不安を描いた人間ドラマだと感じました。

悩み、悩み、悩み、そしてやがて吹っ切れた時に
主人公の女性が選んだ道。

最後に見せた、その素敵な行動に最後の最後にグッと心を掴まれました。
誰でも自分の将来に不安があります。

自分自身でも決められない。

いい時もあれば悪い時もある。
まさに、この30代という年齢で誰もが経験する「自分の人生」についてじっくりと焦点をあてた作品だと感じました。

この作品を読んで、これは自分と同じ気持ちがと共感する方は多いのではないだろうか。
そして、この作品で次へと進むことの不安が、そして怖さが少し和らぐのではないかと感じました。

身近な優しさ、温かさを感じることが出来る作品でした。
読み終えたころには、この主人公の女性に、「よかったね」と声を掛けたくなりました。

「自転しながら公転する」SNSでの反応!

SNSに投稿されている「自転しながら公転する」に関する投稿を見つけましたので掲載しています。

沢山の投稿がありましたが、その中から心に残った投稿を掲載させていただきました。

Twitterでの反応!

ツイッターでも「自転しながら公転する」に関するたくさんの投稿があります。
本書の魅力がよくわかります!



Instagramでの反応!

Instagramでも多くの方が「自転しながら公転する」について読了後の感想を投稿されています。
画像とともに、深い感想を投稿されています。
ご興味のある方は是非ご覧になってください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆか☺︎(@yuka_cci)がシェアした投稿


 

この投稿をInstagramで見る

 

ちのぱ(@chino_book)がシェアした投稿


「自転しながら公転する」を読んでみたくなったらコチラ!

日々是読書旅

自転しながら公転する

山本 文緒  評価

私は一体どうしたらいいのだろう・・・

彼女が悩み、迷う気持ちに誰もが共感する

素敵な作品をありがとうございました

この作品の作家さんである「山本文緒」さんが2021年10月13日にお亡くなりになられました。
山本文緒さんの作品を読んだのは、本作品が初めてでした。

この作品を読んで、山本文緒さんの他の作品も読んでいこうと思っていたところでした。
突然のことでとても驚き、そしてとても悲しい気持ちになりました。

ずっとファンだったという方も多く、とても素敵な作品を残されたんだと思います。

これから山本文緒さんの作品を読んでいこうと思っています。
素敵な作品をありがとうございます。

ご冥福をお祈りいたします。

その他のおすすめの本はコチラ!

2021年度本屋大賞受賞作品!

52ヘルツクジラたち
あの時のわたしは、52ヘルツの声をあげていた。
【52ヘルツのクジラたち】

「52ヘルツのクジラ」、そのクジラは「世界で最も孤独なクジラ」と言われています。幼い頃から親からの虐待をうけ孤独な時間を過ごしてきた二人。その二人にしか分からない。心の奥から発せられる声。その声を受け止める難しさ、その言葉を発する難しさ。悲しさの中から前を向こうともがく人の強さが分かる作品。2021年本屋大賞。

続きを見る

日々是読書旅のメルマガはコチラから!

日々是読書旅ではこの度メルマガ配信を開始しました。
おすすめの本はもちろん、読了した本の書評・感想など、読書に関する情報を配信していきます。

興味のある方はコチラからメルマガ登録してください!
メルマガの登録・購読はもちろん無料です!

【日々是読書旅メルマガはまぐまぐでも配信!】
まぐまぐで読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-小説, 恋愛, 日本文学, 書評
-, , , ,

Copyright© 日々是読書旅 , 2021 All Rights Reserved.