親友にも言えなかった同級生のアイツとの関係!
【夜のピクニック】

「夜のピクニック」

夜のピクニック:恩田陸

夜のピクニック:恩田陸

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

親友にも話せなかった
あるクラスメートとの関係が
高校最後のイベント「歩行祭」で明らかになる!

[/st-mybox]

[st-midasibox-intitle title=”読書記録” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

夜のピクニック:読書記録

夜のピクニック:読書記録

※クリックで読書記録は拡大できます

[/st-midasibox-intitle]

[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:恩田 陸
  • 出版社:新潮文庫

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:恩田 陸
  • 出版社:新潮文庫

[/pc]

「夜のピクニック」について

この作品は2005年の本屋大賞で見事大賞を受賞した作品です。著者は他にも沢山の人気作品を書かれている恩田陸先生で、そんな作品の中でも、私の中で記憶に残っている作品、これは傑作だと感じた恩田陸先生の作品と言えば「蜜蜂と遠雷」です!この作品は強烈に印象に残っています。この「蜜蜂と遠雷」も2017年に本屋大賞の大賞を受賞しています。

「夜のピクニック」は映画化もされていて、多部未華子さんが主演を務めています。この作品は本屋大賞で大賞受賞、そして映画化と、かなり有名な作品となっていますね。

[st-mybox title=”あらすじ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#727272″ bordercolor=”#808080″ bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#757575″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

高校最後の大きなイベント「歩行祭」。このイベントは高校の全校生徒が毎年、夜通しただ歩くという学校行事。そして最後の歩行祭を迎えた3年生の中に、ある秘密を抱えた二人の生徒がいます。親友にも言えなかった二人の関係。歩行祭というこの高校最後の大きなイベントの中で、この二人はお互いのことを意識していきます。本当にこのまま学生生活が終わってしまっていいのか。

そしてこの歩行祭の中で、色々な学生同士の思いが語られます。学生時代に誰もが感じた友人との関係、異性との関係。大人になろうとする高校生たちが最後のイベントで語り合う初々しい人間関係と心情。それぞれが何かを決心して挑むこのイベント。そこで見られる学生たちの心情が甘く切なく描かれた青春小説です。

[/st-mybox]

「夜のピクニック」を読んで

本作品は、高校の行事である「歩行祭」という夜通し生徒たちが歩くという行事が舞台となって、学生たちの心情が描かれています。いや~この作品。読んでいると学生時代を思い出します。まさに青春を思い出す作品です。

この歩行祭というイベントの中で起こる初々しい学生たちの関係。男同士の友人との関係、女性同士の友人との関係、異性との恋愛を含む微妙な距離感と関係。学生時代に誰もが経験するちょっとしたことでグラグラに揺れてしまう微妙な心情の変化であったり、その反対に学生の頃に何の根拠もない自信と、自分だけが大人になったかのような気持ちなど、恩田先生の文章表現力によって、自分自身の学生の頃の感覚を思い出されました。

夜という空間に後押しされて、普段は言えないようなことを友人に話してしまう。そしてその人間関係が良くなったり、微妙に気まずい雰囲気になったりと、学生時代に経験する微妙で繊細な人間関係。まさに修学旅行の時に夜中に友人と語り合う場面などが思い出され、ドキドキしながら読み進めました。

恩田先生の作品である冒頭でも紹介した「蜜蜂と遠雷」でも、先生の圧倒的な文章表現力によって見事音楽を文章で表現されていました。この作品では、学生の頃に感じたとても繊細で微妙な人間関係、その中にいる学生たちの心情の変化。これらを文章で見事表現されていました。

高校生という、もう少しで大人になるという時期。子供から大人へと心が変化していく、子供っぽさであったり、大人になろうと背伸びしている様子など、自分も学生の頃にはこんな感じに思われていたのだろうと思い懐かしい気持ちが湧いてきました。

子供の割には深く考えている。でもその考えがまだまだ足りなかった。自分だけが先に大人になって、大人びた考えを持っていると思っている。でも実は周りの友人たちももっと考えていた。そんなに強がって大人にならなくていい。みんなでじっくりと大人になっていこうよ、これから広がる先の長い世界に向かって、覚悟を決めて進もうとする。大人への成長が伝わってきました。

大人になった今だから、懐かしい気持ちを持ちながら、まだまだこれからを楽しもうと思える。そして青春を思い出させてくれる。感動の青春小説でした。恩田先生の文章表現力に脱帽です。



「夜のピクニック」SNSでの反応!

SNSに投稿されている「夜のピクニック」に関する投稿を見つけましたので掲載しています。

沢山の投稿がありましたが、その中から心に残った投稿を掲載させていただきました。

Twitterでの反応!

ツイッターでも「夜のピクニック」に関するたくさんの投稿があります。
本書の魅力がよくわかります!



Instagramでの反応!

Instagramでも多くの方が「夜のピクニック」について読了後の感想を投稿されています。
画像とともに、深い感想を投稿されています。ご興味のある方は是非ご覧になってください。


読まれた小説を丁寧な感想とともに紹介されているInstagramです。本と一緒に写されたお菓子も気になります!投稿を見ていると、お菓子を食べながら読書をしたくなる!そんなInstagramです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

An(@anchan_mainichi)がシェアした投稿



読書と料理を紹介されている、可愛い犬のアイコンが特徴のインスタです。それ以外にも楽しそうな生活の様子なども投稿されていて、見ていて癒されます!もちろん読まれた本の感想もしっかりと書かれていておすすめのインスタです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちかこ(@chikako5001)がシェアした投稿


今回当ブログで紹介させていただくことを許可していただきありがとうございました。
An」さん、「ちかこ」さん!
今後も投稿楽しみに拝見させていただきます。

「夜のピクニック」を読んでみたくなったらコチラ!

[st-user-comment-box title=”夜のピクニック” user_text=”恩田 陸 評価” color=”” star=”4″]日々是読書旅[/st-user-comment-box]

親友にも言えなかった二人の関係とは!

高校最後のイベント「歩行祭」!青春を思い出す感動作!

その他の恩田陸先生の作品はコチラ!

[st-card myclass=”” id=1745 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card myclass=”” id=657 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

その他のおすすめの本はコチラ!

その他の本屋大賞受賞作品!

[st-card myclass=”” id=640 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card myclass=”” id=1157 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました