私はあなただけの作家。僕は君のファン1号
【ストーリー・セラー】

「ストーリー・セラー」

ストーリー・セラー

それがお前たちが彼女を踏む代償だ。


[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・恋愛
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:有川 浩
  • 出版社:幻冬舎文庫

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・恋愛
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:有川 浩
  • 出版社:幻冬舎文庫

[/pc]

「ストーリー・セラー」あらすじ

妻の病名は、致死性脳劣化症候群。
複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。

生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。
医師に宣告された夫は妻に言った。

「どんなにひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう。」

妻は小説を書かない人生を選べるのか。
極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

※裏表紙より引用

愛する人の才能を活かすため

自分が小説を書くという才能があることに気付いていない妻。
妻の小説のファンである夫。

この小説を世に出さないのは勿体ない。

そう思っている夫は、妻に作家としてのデビューをすすめます。
しかし、それは夫婦にとって楽しくもあり、そして辛い人生の始まりでもありました。

複雑にものを考えると脳が劣化してしまうという不治の病におかされた妻。
作家にとって、思考を辞めるということは、仕事を失う、才能を発揮出来なくなるということに等しい。

夫は、そんな妻をどう支えるのか、そして妻はその病とどう戦うのか。
夫婦が導き出した、その答えに涙が溢れます。



「ストーリー・セラー」を読んで!まとめ

本書は、作家の妻と妻の仕事に協力的でそれを支える夫。
そんな夫婦の愛情をSideAとSideBの二編に描いています。

二編ともパートナーの死というものを宣告された夫婦の愛情の物語になっています。
パートナーが死を宣告された時に、夫婦はどうなってしまうのか、それまで平穏だった生活が、宣告直後から一変してしまう。

そんな夫婦の生活を実に優しく、分かりやすく描き、そして感動のエンディングを迎えます。
夫婦がそれぞれの思いを、優しく、そして激しくその想いを伝え、最後を迎える。

悲しく寂しい最後を迎えても、優しさが溢れるエンディングになっていると思いました。

そしてやはり最後に仕掛けがありますね。
最後の最後に、安心させてくれる展開が、本書ではとても嬉しく最後に笑顔になれました。

夫婦で大切に思いやりをもって生活していくことが大切だと感じ、普通であることを有難くかみしめて行こうと考えました。

しかし、までが小説?と考えさせられるのがまた面白い作品でした。

ストーリー・セラー

それがお前たちが彼女を踏む代償だ。


[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・恋愛
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:有川 浩
  • 出版社:幻冬舎文庫

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・恋愛
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:有川 浩
  • 出版社:幻冬舎文庫

[/pc]
[st-mybox title=”おススメ!” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

それがどうしてお前だったんだ・・・【その日のまえに】:重松 清

[/st-mybox]

コメント

タイトルとURLをコピーしました