あの島で起きた事件はまだ解決していない!
【十角館の殺人】

「十角館の殺人」

十角館の殺人

あの島で起きた事件はまだ解決していない!



[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・ミステリー
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:綾辻 行人
  • 出版社:講談社文庫

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・ミステリー
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:綾辻 行人
  • 出版社:講談社文庫

[/pc]

「十角館の殺人」のあらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。

館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。
やがて学生たちを襲う連続殺人。

ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

※裏表紙より引用

あの島で起きた事件は解決していない!

角島にある青屋敷。
そこで建築家の中村青司たちが死亡するという事件が起きた。

亡くなっていた人達には明らかに他殺だと思える傷跡が残っていました。

更に、その事件では、まだ見つかっていないある人物がいるのです。
まだ事件は完全に解決しているワケではありません。

そして、この島では今新たに次の事件が進行しています。
事件が進行しているまさにその時に、行方不明となっていた人物が見つかり、二つの事件が大きく動き出します。



「十角館の殺人」を読んで!まとめ

本書は、ミステリ史上多くの読者に衝撃を与えたと言われている作品の1つです。

ミステリの名作と言われているのですが、まさにその噂通りの作品だと思いました。

ある事件を背景に、その島へと渡った学生達。
その学生達は連続殺人に巻き込まれてしまいます。

島で起きている連続殺人事件、その一方で本土では、過去に島で起きた青屋敷の炎上による建築家たちの死亡事件の真相を暴こうとする人物たちの行動。

この二つの事件の関係が実にうまく交錯していきながら、二つの事件の真相、解決へ向けて進んでいきます。

そして解決へと向かうなか、最後に「えっ?」と思ってしまう展開が待ち受けています。

そこで繋がるのかと思わせてくれる展開です。
最後の最後に起こったことの全ての謎解きを見せてくれる、ミステリの面白さを味あわせてくれる作品です。

ページ数が多めの文庫本ですが、一気に読めるくらいぐんぐん読ませてくれます!

十角館の殺人

あの島で起きた事件はまだ解決していない!



[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・ミステリー
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:綾辻 行人
  • 出版社:講談社文庫

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:小説・ミステリー
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:綾辻 行人
  • 出版社:講談社文庫

[/pc]

[st-card myclass=”” id=1559 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]
[st-mybox title=”おススメ!” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

これが、存在してはいけない化け物だ!【代償】:伊岡 瞬

[/st-mybox]

コメント

タイトルとURLをコピーしました