Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

サスペンス ドラマ・映画化 ミステリー 小説 書評

家族の望みは最後にどんな形をむかえるのか
【望み】

ノートのアイコン「望み」ノートのアイコン

望み

そう望むのは悪いことですか?
ただ生きていてくれればいい・・・


本の基本情報
  • ジャンル:小説
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:雫井 脩介
  • 出版社:角川文庫

「望み」あらすじ

思春期の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。

9月のある週末、息子の規士が帰宅せずに連絡が途絶えてしまう。

警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。
逃走中の少年は2人だが、行方不明者は3人。

息子は犯人か、それとも・・・・・。

規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。

揺れ動く父母の思い――――。

心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。

※裏表紙より引用

それぞれの「望み」

本書は、人の「望み」について書かれている作品です。
自分の息子が犯罪に巻き込まれ、その息子が加害者なのか被害者なのかわからない状態で、息子の帰りを待つ家族。

そんな家族が息子に対して持つ「望み」。
そこには色々な形の望みがあります。

それぞれの望みには、それぞれの理由や思いがあり
その望みの少しのずれが、徐々に息子を待つ家族の中にも亀裂を生じさせます。

自分が望んでいることに罪悪感をもったり
その望みが叶うことで、自分たちの生活がこの先どう変化してしまうのか

そう望みたくはないが、望んでしまう。
そんな家族の葛藤がリアルに表現されています。

まさに現実に起きたような感覚に陥るような作品です。



「望み」を読んで!まとめ

本書は、読んでいる途中から家族のそれぞれが心にもつ「望み」というものに
深く考えさせられる内容になっていました。

息子のことを思う夫婦、兄を思う妹。
この家族のそれぞれの思いが、「望み」が実にリアルに表現されています。

この作品にあるようなことが
自分の身に、自分の家族に起こった時、その望みは自分の中にどんなふうに表れてくるのかと考えさせられました。

息子が被害者なら、息子はもうこの世にいない。
息子が加害者なら、人の命を奪っているということになる。

どちらの望みが叶ったとしても、とても辛く厳しい人生が残っている。

それは変わらないけど
息子は人の命を奪ったりしないと思う父親。
加害者でもいいから、生きていて欲しいと思う母親。

この望みに対して、どちらが正解だと
自分ならこう思うという答えが言えるでしょうか。
簡単には答えは出ないと思いました。

加害者でもいいから、無事でいてほしい。
そう願うことは、被害者側からすればとんでもないことかもしれない。
しかし、そう望まずにはいられない。

人間の、親の、家族のリアルな心の中を描いた作品です。
深く考えさせられ、その結末に涙が止まりませんでした。

望み

そう望むのは悪いことですか?


本の基本情報
  • ジャンル:小説
  • 本の種類:文庫本
  • 著者名:雫井 脩介
  • 出版社:角川文庫


日々是読書旅のメルマガはコチラから!

日々是読書旅ではこの度メルマガ配信を開始しました。
おすすめの本はもちろん、読了した本の書評・感想など、読書に関する情報を配信していきます。

興味のある方はコチラからメルマガ登録してください!
メルマガの登録・購読はもちろん無料です!

【日々是読書旅メルマガはまぐまぐでも配信!】
まぐまぐで読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-サスペンス, ドラマ・映画化, ミステリー, 小説, 書評
-, , , , ,

Copyright© 日々是読書旅 , 2021 All Rights Reserved.