ふたりの間に奇跡の愛を紡いでいく。一枚の絵画。
【赤と青とエスキース】

「赤と青とエスキース」

赤と青とエスキース:青山美智子

赤と青とエスキース:青山美智子

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

「エスキース」
それは、これから思い描いていく
ふたりの未来

2022年本屋大賞ノミネート(2022.2.7時点)

[/st-mybox]

[st-midasibox-intitle title=”読書記録” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

赤と青とエスキース:読書記録

赤と青とエスキース:読書記録

※クリックで読書記録は拡大できます

[/st-midasibox-intitle]

[nopc]

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:単行本(ソフトカバー)
  • 著者名:青山 美智子
  • 出版社:PHP研究所

[/nopc][pc]

本の基本情報
  • ジャンル:日本文学
  • 本の種類:単行本(ソフトカバー)
  • 著者名:青山 美智子
  • 出版社PHP研究所

[/pc]

「赤と青とエスキース」について

2022年の本屋大賞ノミネート作品に選ばれたことで、初めて青山美智子先生の作品を手にし、読んでみました。

ある男女の恋愛とその恋愛を支えた一枚の絵画の物語です。初めて青山先生の作品を読んでみましたが、なんとも優しい言葉で描いた作品で、ある男女の恋愛を切ないながらも、優しく描き、その恋愛に奇跡とも、運命とも言えるもう一つの物語がうまく流れていく。読みながらその物語にジンとくる場面も多くありました。

プロローグに始まり、第1章から4章、そしてエピローグに至るまで、全ての章に、それぞれの物語がありながら、最後にそれが1つの物語としてつながっていく。最後のエピローグですべてがつながり、そしてなんとも言えない安心感というか、優しい気持ちに包まれました。

最後の最後に、やっとここに辿り着いたんだねと、二人に声をかけてあげたくなります。



「赤と青とエスキース」を読んで!まとめ

本作品は、ある男女の恋愛を描いた物語です。青山美智子先生の表現によって、少しの切なさと、優しく包まれるような感覚を感じることが出来ます。男女の恋愛を描いているのですが、一人の人間がどんなふうに自分の人生を描いていくか、そんな人間ドラマというか、人間が大人になっていきながら、大人になって感じる心情のようなものも上手に繊細に表現されています。

始まれば終わる。
(P.30)

恋愛でも何でも始まれば終わりがある。そう自分に言い聞かせながら少しの強がり、自分をそういう人間なんだと、自分に言い聞かせるように生きる。終わるまでは楽しもうと強がりながらも、本当の心はそれに馴染めない。本当の自分がその強がりに耐えられなくなる。

終わってしまうと思うことが怖くて、はじめからそれは終わっているのだと言い聞かせる。。。なんとも切ない強がりです。しかし、そう思わなければ壊れてしまいそう。終わるんだから、そんなことわかっていてそうしてたんだよという切ない強がり。

そういう気持ちが、文章から溢れ出ている若い時代の恋愛。そこには自分で描くという未来は考えも出来ません。

しかし、年を重ねて、長く生きていくうちに、自分自身の生きる生き方、自分たちの色というものを感じるようになります。そして自分たちのその色は元々あったんだ。それに気付かなかっただけ。これからはその先の未来を、この色で描いていく、二人の色で描いていく。

そういう強く生きる意志というものを感じさせてくれます。不安な気持ちから生き急いでいたときから、徐々に自分の色を理解して、そこに安心感を覚えることで、もっと自分らしくゆっくり生きればいい。どんなに回り道をしても、最後に分かり合える、やっとここに辿り着いたねと感じることが出来ます。

この作品を読んでみて、読み終えた時に、思わず自分の大切な人のことを思っていました。若い頃には色々な不安や迷いで行違うこともあったけど、今二人で描きながら同じ人生を歩いている。そんな人を思わず大切に、そして優しく感じてしまう。読了後に、思わず目をつぶって心がジーンとするのを感じることが出来る作品でした。

本屋大賞ノミネート作品!納得です!

「赤と青とエスキース」SNSでの反応!

SNSに投稿されている「赤と青とエスキース」に関する投稿を見つけましたので掲載しています。

沢山の投稿がありましたが、その中から心に残った投稿を掲載させていただきました。

Twitterでの反応!

ツイッターでも「赤と青とエスキース」に関するたくさんの投稿があります。
本書の魅力がよくわかります!



Instagramでの反応!

Instagramでも多くの方が「赤と青とエスキース」について読了後の感想を投稿されています。
画像とともに、深い感想を投稿されています。ご興味のある方は是非ご覧になってください。


小説を紹介しているInstagramです。読んだ小説の感想も丁寧に書かれていて、本選びの参考におススメです!MY BESTの小説などランキングも公開されていて、とても参考になります!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうちゃん(@y_bookstagram)がシェアした投稿



白い背景で本を紹介しているInstagramです。本以外に花や花瓶の投稿も少しあります。本の感想も分かりやすく丁寧に書かれていていつも参考にさせてもらっています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukako(@yukak0.87r16)がシェアした投稿


今回当ブログで紹介させていただくことを許可していただきありがとうございました。
ゆうちゃん」さん、「Yukako」さん!
今後も投稿楽しみに拝見させていただきます。

「赤と青とエスキース」を読んでみたくなったらコチラ!

[st-user-comment-box title=”赤と青とエスキース” user_text=”青山 美智子 評価” color=”” star=”4″]日々是読書旅[/st-user-comment-box]

「エスキース」思い描く二人の未来

信頼できる誰かと、未来をゆくり描いていきたい。

その他のおすすめの本はコチラ!

2022年本屋大賞ノミネート作品!

[st-card myclass=”” id=2167 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”

[st-card myclass=”” id=2235 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました