Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

おススメ本紹介! 書籍情報

惜しくも大賞は逃したけど!
見逃せない!歴代本屋大賞ノミネート作品!!

歴代本屋大賞ノミネート作品から選んだ!

歴代本屋大賞ノミネート作品から選んだ!

惜しくも大賞は逃したけど!これは読んでおきたい!
歴代本屋大賞ノミネート作品から選んだ8作品!

今回紹介する本は「惜しくも大賞は逃したけどこれは名作!歴代本屋大賞ノミネート作品から選んだ8作品」です。今や本屋大賞の発表は多くの方に注目されているイベントです。本屋大賞が発表されると書店では大賞受賞作品の特設コーナーが設置されます。多くの読書好きの方々に人気の賞である「本屋大賞」ということであっという間に作品は売れていきます!

書店に入ったけど、売り切れてたなんてこともあります。図書館でも3週間待ちなどの状態もあります。そこでがっかりしながら家に帰る人もいると思います。そんな方たちにおススメしたいのが、今回紹介する作品です。本屋大賞は逃したけど、絶対に面白いと言える作品です。本屋大賞にノミネートされたけど大賞には選ばれなかった、でも面白いと自信を持って言える人気の作品を厳選しました。

大賞作品に負けないくらいの人気と面白さを持った作品です!是非読んでみてください!

①正欲:朝井リョウ

正欲:朝井リョウ

正欲:朝井リョウ

まず紹介する1作品目は朝井リョウ先生の「正欲」です。この作品は2022年の本屋大賞で4位を獲得した作品です。この作品は、読んで衝撃でした!かなり印象に残っている作品です。自分の考え方がいかに狭く、そして偏っているということに気付かされれる作品です。

この作品が本屋大賞にノミネートされた時に、私のインスタグラムで本屋大賞の予想アンケートを実施したところ、大賞予想をした方が最も多かったのがこの作品でした。この本を読んだ方たちの多くが衝撃を受けたという感想を残しています。

何かと多様性という言葉が出てくる現代で、この作品は一読しておく価値が十分にあると感じました。本当の多様性ということはこういうことなんだと、これまでの自分の常識を覆される経験をすることになります!

Amazonで見る
読旅のレビュー!
正欲_朝井リョウ
理解しなくていい、ただそっといておいて欲しい
【正欲】

理解してほしい訳じゃない。ただそっとしておいて欲しい。想像できないことはこの世の中に多く存在しているということを思い知らされる作品。今までの自分の中の考えを新しい考え方へと導く作品。肯定的な傑作と捉えるか、否定的な問題作だと捉えるか、現代の多様性が網羅できていない世界の存在を知ることになる。

続きを見る

②コンビニ人間:村田沙耶香

コンビニ人間:村田沙耶香

コンビニ人間:村田沙耶香

この作品は、2017年の本屋大賞にノミネートされており大賞受賞を逃し、第9位という結果でしたが、実は第155回芥川賞を受賞している作品で、小説としてのいい評価をすでに受けていた話題の作品です。この作品で扱っているテーマは、誰もが一度は考えたことがある「普通とは何か?」、「なぜ普通でなければいけないのか」など、日常にあるけど、その答えはと聞かれると誰もが悩んでしまうという深いものです。

難しいテーマを扱っていると読みにくいのかなと感じる方もいるかもしれませんが、この作品は非常に読みやすく、そしてストーリーの展開もテンポよく進んて行くので、難しさよりも面白かったと思える読後感があります。

人気と話題性、そして面白さがそろっている作品だと言えます。

Amazonで見る
読旅のレビュー!
コンビニ人間_村田沙耶香
普通じゃない、だから異物。普通って何ですか?治すって何を?
【コンビニ人間】

コンビニで働く女性。彼女は周りから「奇妙な子」と言われながら育ってきました。彼女は家族のために、普通に生きようと自分を隠して生きています。コンビニで働く、そこでは自分が周りと同じように普通と思われている。そう思わせることが出来る。でもここで思う。「普通って何ですか?」読者がこの問いの答えを考えることになります!

続きを見る

③盤上の向日葵:柚月裕子

盤上の向日葵:柚月裕子

盤上の向日葵:柚月裕子

3作品目は柚月裕子先生の「盤上の向日葵」です。この作品は2018年の本屋大賞で第2位を獲得しています。タイトルの「盤上」という言葉からも分かるように「将棋」が作品の中心となっているミステリー小説です。将棋が分からないとこの作品を読んでも楽しめないかというとそうではありません。

将棋が分からなくても、この作品のミステリーはもちろん、ストーリー中で描かれる重厚な人間ドラマ、そしてストーリーの展開も十分に楽しめます。

Amazonで見る

④i:西加奈子

i:西加奈子

i:西加奈子

4作目は西加奈子先生の「i」です。今年2022年の本屋大賞ノミネート作品「夜が明ける」も話題になりましたが、その作品の前作であるこの「i」は2017年に本屋大賞にノミネートされて第7位を獲得した作品です。この作品も西加奈子先生の特徴がよく表れた作品だと感じました。

「自分が存在する意味」を深く考えさせられる作品。主人公の心の叫びを西加奈子先生の独特な表現で描く、人間の優しさや強さを繊細に描く、読了後に感動に浸ることが出来る深い作品です。

現実に起きている残酷な出来事、それらに対して人は何を思い何をすることが出来るのか、人はそれと向き合いながらも強く生きていく。現代に欠けている、忘れられている人間が本来持っているはずの、必要な感情を思い出させてくれる作品だと思いました。

Amazonで見る
読旅のレビュー!
i
「この世界にアイは存在しません。」
【i】

「この世界にアイは存在しません。」という衝撃的な言葉から始まるこの小説。人生の意味、自分の存在の意味を考えさせられます。誰もが心の中に感じている、人には伝えることが難しい感覚。そんな感覚を持った少女の自分の感情に対する答えを見つける人生が優しく描かれています。

続きを見る

⑤その日のまえに:重松清

その日のまえに:重松清

その日のまえに:重松清

5作目は、重松清先生の「その日のまえに」です。映画化もされているこの作品は2006年本屋大賞にノミネートされ第5位を獲得した感動小説です。

ずっと続くと思っていた当たり前の生活。その生活に突然期限を突き付けられる。その期限を前にしたときに、愛する人に一体何が出来るのか。家族の死という悲しい現実を突き付けられた時、突然期限をつけられたとき、人は一体何が出来るのか。

大切な人に対する愛情を表現したくなる。大切な人をより大切に感じることが出来る涙なくしては読めない感動小説です。

Amazonで見る
読旅のレビュー!
その日のまえに_重松清
それがどうしてお前だったんだ・・・
【その日のまえに】

身近な人の「死」というものを描いた作品。死を迎える「その日」が、大切な友人や家族の死が訪れようとしているとき、周りの人たちはどんなことを思い、どんな行動をするのか、そして残された人たちは「その日」のあとにどうやって生きていくのか。深く考えさせられる感動の短編集です。

続きを見る

⑥64:横山秀夫

64:横山秀夫

64:横山秀夫

6作目は、横山秀夫先生の「64」です。文庫本で上下巻の長編ミステリー小説です。2013年に本屋大賞にノミネートされて第2位を獲得した作品。

昭和64年。昭和最後の年はわずか7日間しかなかった。その7日間に起きたある誘拐殺人事件が平成という時代を迎える日本の中で埋もれて忘れられようとしていた。この作品は、そんな昭和64年の7日間で起きた事件を解決するための奮闘する刑事たちの姿を描いた作品です。

世の中で忘れられようとしていたその事件。刑事たちは決して忘れていなかった、諦めていなかった。必ず犯人をあの最後の7日間に引きずり戻す。事件解決のために動き出す組織、事件とメディアの関係、刑事たちの葛藤と、強い意志が見える感動のミステリー小説です!

Amazonで見る
読旅のレビュー!
64
昭和に取り残された事件に犯人を引きずり戻す!
【64】

わずか7日で終わった「昭和64年」。そこで少女誘拐事件が起こる。本作品はそこから始まる。その事件を取り巻く多くの人間と組織が、複雑に絡まり合い、事件解決へと向かう。昭和に取り残された事件と被害者の父。その無念を晴らすべく奮闘する人間達の複雑な関係や感情が上手く表現された作品。クライマックスでは衝撃の結末が。被害者父の行動がたまらない。

続きを見る

⑦滅びの前のシャングリラ:凪良ゆう

滅びの前のシャングリラ:凪良ゆう

滅びの前のシャングリラ:凪良ゆう

7作目は、凪良ゆう先生の「滅びの前のシャングリラ」です。この作品は2021年の本屋大賞で第7位を獲得した作品です。そしてこの作品を書いた凪良ゆう先生は、今映画化されて話題の「流浪の月」で2020年の本屋大賞で大賞を受賞している方です。そんな凪良先生が流浪の月の次に発表した長編小説が、この滅びの前のシャングリラです。

この作品では人類が突然「人類が滅亡する」という事態を突き付けられます。そしてその事態を徐々に受け入れながら人間たちは何を思い、行動するのか、現実では考えられないような事態が作品の舞台となっていますが、なぜかとてもリアルで、自分がそうなったときにはどうするだろうと考えてしまう作品です。

人間が生きるということについて真剣に考えて、残りの時間を生きるという感動の人間ドラマです。

Amazonで見る
読旅のレビュー!
本日はお日柄もよく_記事TOP
言葉が持つ力、魅力を改めて知ることになる
【本日は、お日柄もよく】

私たちが日常的に使っている「言葉」。話したり聞いたり、書いたり読んだり。本書ではこの言葉の持つ力。言葉が時には世の中を動かすことがあるということに焦点を充てて物語が描かれています。言葉が持つ魅力的な力を改めて知ることになる一冊です。自分たちが話す言葉の大切さを感じましょう。

続きを見る

⑧舟を編む:三浦しおん

推し、燃ゆ:宇佐見りん

推し、燃ゆ:宇佐見りん

最後の8作目は、宇佐見りん先生の「推し、燃ゆ」です。この作品は第164回芥川賞を受賞した作品で話題性抜群でした!タイトルも「推し、燃ゆ」と一見何のこと?と思うような感じを出していて、それがまた書店で人の目を惹きました。

2021年に本屋大賞でノミネートされ、第9位を獲得しています。2021年に一番売れた小説といわれ、なんと52万部を突破している作品です。

若い世代は、このタイトルを見て想像できるのでしょうが、私は娘に説明されるまで、タイトルから想像もできませんでした。作品では現代の若者の姿を描いているのですが、現代の女の子の心情を繊細に描いており、広い世代でも支持されている作品です。

Amazonで見る
読旅のレビュー!
推し、燃ゆ_宇佐見りん
私の推しがファンを殴って炎上しました・・・
【推し、燃ゆ】

第164回芥川賞受賞作品!2021年本屋大賞9位の入賞!話題の「推し、燃ゆ」の読書感想文です。現代の推しとファンの関係、ファンの少女の心情の変化を実にリアルにそして、テンポのいい文章で描いていく。まさに現代のリアルを細かく忠実に表現した作品だと感じました。納得の表現力で読者をその世界に引き込みます!

続きを見る

見逃せない!大賞は逃したけど
楽しめる本屋大賞ノミネート作品8選!まとめ

それでは最後に「大賞は逃したけど、見逃せない本屋大賞ノミネート作品8選!」についてまとめましょう!

今回紹介した8作品を改めて紹介しておきます!

今回紹介した8作品!

  1. 正欲:朝井 リョウ
  2. コンビニ人間:村田 沙耶香
  3. 盤上の向日葵:柚木 裕子
  4. i:西 加奈子
  5. その日のまえに:重松 清
  6. 64:横山 秀夫
  7. 滅びの前のシャングリラ:凪良 ゆう
  8. 推し、燃ゆ:宇佐見 りん

【さっそく読んでみたいという方はコチラ!】

読旅が選ぶ!まだまだある!おススメ本!

2021年に読んだ本から選ぶ!
読旅が選んだ6冊!この本がおすすめ!!
2021年に読んだ本から選んだ!【小説編】

2021年に読旅が読んだ本の中から「おもしろい本」を選びました!今回は小説編です!この小説は読んでおくべき!と思える作品を厳選していますので、2022年に何を読もうかと悩んでいる人!是非参考にしてみてください!詳しい読書感想文も読めますので、じっくりと選んでみてください!2022年も、いい本に出会えますように!

続きを見る

 

日々是読書旅のメルマガはコチラから!

日々是読書旅ではこの度メルマガ配信を開始しました。
おすすめの本はもちろん、読了した本の書評・感想など、読書に関する情報を配信していきます。

興味のある方はコチラからメルマガ登録してください!
メルマガの登録・購読はもちろん無料です!

【日々是読書旅メルマガはまぐまぐでも配信!】
まぐまぐで読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-おススメ本紹介!, 書籍情報
-, ,

Copyright© 日々是読書旅 , 2022 All Rights Reserved.