Amazonのアソシエイトとして
【日々是読書旅】は
適格販売により収入を得ています。

月別アーカイブ:2020年09月

2021/5/16

ミステリー 小説 書評

危険なビーナス

好きになった相手は、弟の妻だった!【危険なビーナス】

突然目の前に現れた女は、弟の妻だという。その弟とは父親が違う。しかも、肝心な弟は失踪している!何とも怪しい状況で始まるミステリー小説です。

2021/5/16

小説 恋愛 書評

シルエット

触れない愛の形、触れあう愛の形、求めるのは・・・【シルエット...

女性の体に嫌悪感を持っている彼との恋愛。高校生の少女は、心から溢れる愛をどう抑えて、どう表現すればいいのか、その心と行動の変化に少女から大人への変化を感じる作品です。失ってしまった、それが分かった時彼女がとった行動とは。

2021/5/16

小説 書評

カラフル

おめでとうございます、抽選に当たりました!【カラフル】

「おめでとうございます、抽選に当たりました!」という何とも嬉しくなるようなセリフから始まります。しかもそのセリフは天使のセリフ、何だかいい事がありそうな感じです。書名も「カラフル」ととても明るい印象を受けますね。しかし、抽選に当たったのは死んだはずの人間の魂。大きな過ちを犯して死んだ罪な魂です。その魂が一体なんの抽選に当たったのでしょう!人生。人間関係が分かる。

2021/5/16

小説 書評

ひとよ

あの夜、母は父を・・・母は15年後に帰ってきた。【ひとよ】

子供達を守るために、母ちゃんは父ちゃんを殺した。「母ちゃんさ、母ちゃん今日、父ちゃん殺したよ」本書は、衝撃の告白から始まります。母は、暴力を振るう父親から、子供達を守るために、父親をひき殺します。壊れてしまった家族。家族は最後にどんな絆を取り戻すのか。

2021/5/16

小説 恋愛 書評

ナラタージュ

どうか幸せになって、あなたを憎らしいと思わせて【ナラタージュ...

本書は、島本理性さんの書き下ろし恋愛小説。先生に恋した女子高生、生徒を愛した先生のストーリーです。しかし、ただドキドキ、ワクワクの恋愛小説ではありません。魅かれあう先生と生徒の関係、卒業してもなおその先生のことが忘れられない。少女から大人へと変化した二人の愛はどんな結末を迎えるのか!

2021/5/16

小説 恋愛 書評

糸

握った手は自分から絶対に離さない【糸】

中島みゆきさんの「糸」という歌に着想した映画のが、菅田将輝さん、小松菜奈さんのダブル主演で公開されます。本書はその脚本家が書き下ろした小説になっています。中島みゆきさんの「糸」の世界観が一体どんなふうに描かれているのか、歌も勿論好きなので、大変期待している作品でした。まず感想として、心にグッとくる、心にジンと染みわたる感動作品だと感じました。

2021/5/16

小説 書評

輝く夜

きっと報われる日が来る泣き笑いの日が【輝く夜】

本書は輝く夜、クリスマスイブに女性に訪れた幸せになれる奇蹟を描いた短編集。非常に読みやすい5編からなる泣ける奇蹟の物語です。著者は「永遠の0」や「海賊と呼ばれた男」を描いた百田尚樹さんです。結構スパッとした男目線の小説が多いと思っていましたが、本書の様な女性的な綺麗さのある作品も魅力的です!女性は勿論男性でも十分楽しめる作品です。

2021/5/16

小説 書評

ワイン一杯だけの真実

8本のワインと普遍的な女!【ワイン一杯だけの真実】

本書は何らかの力をもった8本のワインと、そのグラス一杯のワインの中に真実を見つける、普遍的な女性で描かれた短編集です。8種類のワインと女性の官能的な表現の絡み、関係が不思議な人間の表現で引き込まれていきます。難しい!まったく分からない!という方にも解説がありますので分からない!という方は解説から読んでみるのもおススメ!

2021/5/16

小説 書評

何もかも憂鬱な夜に

人間の奥底を独特な言葉で描く!「何もかも憂鬱な夜に」

本書は著者の独特な言葉使いで、人間が口には出さずに心の中で思っていることを表現している場面が多いです。まさにこの著者の特徴だと思います。全ての人がそう感じているワケではないですが、ある人の心の中の声が実に不思議な感覚で表現されています。著者の独特な表現の世界に引き込まれていきます。「死刑」という死を背景にしながら、実は生きるということであったり、人間が芸術に触れるということなどを伝えている作品です。

2021/5/16

ミステリー 小説 書評

デルタの悲劇

この小説は再読せずにいられない!「デルタの悲劇」

公園の池でわずか10歳の少年が溺死します。その事件から10年後に、その死に関して同じクラスメイトの不良少年3人が関与を疑われます。亡くなった少年の親友と名乗る男が、3人の前に現れて、事件の関与を正直に話すように迫ってくる。一体この少年は何が目的でこの3人に近付いてきたのか、事件の真相と、その少年の関連が少しずつ明らかになっていきます。しかし、その真相は最後の最後にどんでん返しを迎えます!あなたはその仕掛けに気付けるか!

2021/5/16

小説 恋愛 書評

最後の恋

世界中の恋が終わっても、この恋は続く。「最後の恋」

本書のタイトルからも分かるように、恋愛のストーリーです。病気の弟を持つ女と、医者のタマゴである医学生の男の恋愛ストーリーになっています。悲しい出来事や過去の過ちを乗り越え二人がたどり着いた愛の形とは?その結末に涙する。

2021/5/16

小説 書評

人生の約束

二人の男がにとって最も大切な約束とは「人生の約束」

本書は2人の男と、1人の女性の関係。この人間関係が、深く強い人間の、特に男同士の友情の結末を描いています。男同士がはっきりと口には出さないが、交わした人生の約束は一体何だったのか。その本当の約束を知った時に、人生を懸けて守るものの大切さ重さに気付きます。

2021/6/15

ビジネス 書評

なんでも図解

分かりやすい!伝わりやすい!図化する!【なんでも図解】

なんでも図解というだけあって、内容も図解で解説してありとても分かりやすい1冊!一生懸命に文字を書いていた、書くことに集中して内容が頭に入ってこない。相手に何かを分かりやすく伝えたいけどどうしていいか分からない!絵心が無くても図で伝わる技術が分かる!

2021/5/16

小説 書評

完全無罪

男が無実を伝えたかったその相手とは「完全無罪」

少女誘拐殺人事件の犯人として世の中を恐怖に陥れた男は、実は「人を傷つけたくない優しい男」。人が犯罪を犯してしまう悲しい現実が見える。多くの人が関わるからこそ真実が複雑で見えなくなる。しかし、1人の人間が持つ本性は1つである。完全無罪の男が、最後に犯した罪とは。

2021/5/16

ドラマ・映画化 小説 書評

劇場

不器用な二人が演じるのは切ない恋の形「劇場」

演劇という背景で繰り広げられる、若い男女の切なくて深い、心の変化に揺れる恋愛を描いた作品。号泣ではなく、心にジンと染みてくる。その世界に入り込んでしまう作品です。あの時を思い出させてくれる恋愛小説。

Copyright© 日々是読書旅 , 2022 All Rights Reserved.